ホーム  >  購入までの流れ

購入不動産の見学から売買契約までの流れ 

 

不動産の購入金額、諸費用を含めた総額で検討する
【チェックポイント】
▲不動産の購入予定金額は?(値引き可能か否か)
▽諸費用は? (物件金額の約7~8%)
▲住宅ローン金額は?(自己資金の金額)
▽月々支払える金額は?(ボーナス加算は?)
▲契約時に用意できる手付金の額は?
▽引越しの希望は?
▲購入予定物件への要望は?
▽自分達の満足度は?
 
*上記のことを担当者と相談する(担当者を味方につける)

 
購入申込み
【チェックポイント】-当社書式サンプル
▽値引き交渉する場合は、売主様の気持ちも理解する(理由付けが大事)
▲契約日は、購入申込み後1週間以内を目安とする
▽人気物件、値引き交渉した場合は早めに契約する
 ⇒売主様の心理を理解する(少しでも高く売りたいなど)
▲全て自分の思い通りには行かない(値引きをしてもらった時など、
他の条件は売主様に譲歩するなど必要=お互い人間ですから・・・)

▽気持ちよく取引するように心がける

 
住宅ローンの事前審査
【チェックポイント】- 価格交渉をするときは事前に提出することが望ましい
 ・事前に用意する書類はこちらから
 ・事前審査申込書の記載例
 ・事前審査の回答書式


重要事項の説明
【チェックポイント】
 重要事項事前説明書 / 土地建物 ・ マンション
 当社重要事項説明書雛型(全国宅地建物取引業保証協会指定書式)
 ・土地建物書式サンプル
 ・マンション書式サンプル


付帯設備及び物件状況確認書
【チェックポイント】-書式サンプル
付帯設備表では、建物(マンション含)に付属する設備などの確認書です。
例えば、エアコンや照明器具を残して引渡す場合、カーテンレールまで、
持っていく場合など、売買金額に含まれるもの全ての確認をします。

物件状況確認書では、過去の雨漏り・白蟻による被害・建物の瑕疵
(傾きや腐食、不具合等)などの状況を確認します。

        
売買契約締結
【チェックポイント】
当社売買契約書雛型(全国宅地建物取引業保証協会指定書式)
 ・土地建物書式サンプル
 ・マンション書式サンプル
 
 
マイホーム購入塾では、重要事項説明、売買契約締結前の勉強会も行っています!

 

ページトップへ