ホーム  >  不動産情報を検索します!

実は不動産会社から紹介される物件情報は何処の会社でも取り扱えるということをご存知でしたでしょうか?


今、手にした不動産情報が実は何処ででも購入できます!
契約したい不動産業者をあなたが選ぶことが出来るのです!
 
新聞広告や自宅ポストへのチラシ、インターネット広告等で見ている物件のほとんどがREINS(東日本不動産流通機構)に登録された情報です。

REINSとは(財団法人東日本不動産流通機構ホームページより抜粋)

レインズは Real Estate Information Network Systemの略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムの名称です。
指定流通機構の会員不動産会社がパソコンやFAXを利用して、機構内に設置してあるホストコンピューターから不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。

宅地建物取引業法の規定に基づく専属専任媒介契約物件、専任媒介契約物件をはじめとした各種不動産情報の登録を受け、全業界的な規模でこれを共有、きわめて活発な情報交換機能によって、消費者の住生活に関するニーズに応えるデータベースを運用しています。また、それによって蓄積されるデータを活用し、不動産流通市場のさまざまな資料をとりまとめ、公表する調査研究事業もおこなっています。

従って、市場で流通している不動産情報のほとんどがここREINSに登録されています。以前は大手不動産会社、地元の不動産会社独自の物件情報がたくさんありましたが、REINSへの登録が義務付けられている為、大手不動産会社でも地元の不動産会社でも中小の不動産会社でも扱う情報量にほとんど差は有りません


ただし、売主様が不動産業者で直接販売などを行っている場合は、お取扱いできない場合も有りますが、仲介手数料半額でご紹介できることもありますのでご相談ください。
まずは、どんなことでも早めに相談していただくのが一番です。
 
物件検索サービスはこちらからお願いします。

 

 


 

ページトップへ